かわきたはんでいし

川喜田半泥子

(1878~1963)

 川喜田半泥子は、明治11年11月、200年以上の歴史を持ち、三重県でも一、二を争う豪商の家に生まれました。
 半泥子は生後間もなく、祖父と父を相次いで亡くし、満一歳を俟たずして、川喜田家の第十六代当主となりました。まだ若い母は実家に帰され、半泥子は祖母の政によって育てられました。
 半泥子という名は号であり(本名は川喜田久太夫政令)、禅の導師から授けられたものです。「半ば泥(なず)みて、半ば泥(なず)まず」何にでも没頭し、泥んこになりながら、それでも冷静に己を見つめることができなければならない、という意味です。

 半泥子は、企業の要職を務める傍ら、その多忙な日常の中で、書画、茶の湯、俳句、写真など、多彩な芸術的才能を発揮した人物でした。

 社交においても、小林一三ら経済人や、荒川豊蔵らの陶芸家をはじめ、茶道家の久田宗也、書家の会津八一、俳人の山口誓子など、さまざまな人物と親交を持ち、その自由でおおらかな作風にも表れている半泥子の人柄は、多くの人を惹き付ける魅力にあふれていました。
 逸話のひとつに、東伏見宮(明治後期に伏見宮邦家親王の第17王子、依仁親王が創設した宮家)に焼き芋をふるまったところ、それが評判になり、他の皇族も川喜田邸にやってきました。三笠宮(昭和天皇の末弟)が台臨の時、貞明皇太后(昭和天皇、三笠宮の母)に水指を作って献上したところ、戦後になって宮内庁長官が、皇太后より陶芸を教えて欲しいとの要望がある旨を伝えにやって来ましたが、その任にあらずと断ったそうです。

 陶芸は還暦近くになって始めたものでしたが、戦前は自邸の千歳山に窯を築いて、若き陶工たちと交わって研究を重ね、戦後は津市郊外の廣永に窯を移し、会社組織の廣永陶苑を設立、愛弟子 故坪島圡平(2013年没)らと共に作陶に励みました。戦前の千歳山窯と、戦後の廣永窯で生涯に生みだした作品は、3万点とも5万点とも言われ、その大半が茶碗でした。

 晩年まで、臥床しながらでも画や書をかいて過ごし、83歳の時には「お前百までわしゃいつまでも」と揮毫した半泥子でしたが、昭和38年10月、老衰のため満84歳で没しました。

 今なお多くの人を魅了し、「東の魯山人・西の半泥子」「昭和の光悦」などと称され、近代陶芸界に大きな足跡を残した半泥子の作品は、趣味の域を超え、高い評価を受けています。


川喜田半泥子


志野茶碗 銘「赤不動」
東京国立近代美術館蔵
粉引茶碗 銘「雪の曙」
石水博物館蔵
copyright © 2011 chitose co.ltd all rights reserved